東海市・東洋鍼灸・診療室 Acupuncture and Moxbution

       

 
リンク  
ハリは痛くない
 
ハリ治療は、痛いというイメージや、こわいという先入観を持つ人も少なくありません。しかし、実際にハリ治療を受けてみると、思ったより痛みは感じなく、こわくもなかった、むしろ気持ちがよかった。ハリ治療の効果を知って納得できたとの実感や、もっと早く理解してハリ治療をすればよかったとの声をよく耳にします

<科学的にハリの効果>ハリ刺激による鎮痛効果は、深化した最近の研究の成果によると、エンドルフィンや内因性モルヒネ様物質の生成と、それらが関与していることが明らかになってきました。近年、真摯な基礎研究者、臨床研究者による論文や研究内容が医学専門誌、または、それぞれの鍼灸関連学会などで数多く発表されています。「ハリ、灸はなぜ効くか」の説明の一端も、そこで明らかにされております。また、ネット上でも複数の論文が公表されており、関心をお持ちの方は是非参考にしてください

<検査結果には異常はない>しかし、痛みがある。からだもだるくて気分はスツキリしない。食欲もないし眠りもあさい。朝起きるのがおっくうだ。不定愁訴(症状が定まらなくハッキリしない)の症状は、病気でなく気のめぐりが悪いといえます。 東洋医学は気(生命エネルギーと解します)の医学ともいいます。不健康な状態で病気の前兆かもしれません。このように体調がはかばかしくない場合に、ハリ、灸治療をされると身体は軽くなり気分はとても楽になります。この反応は、自然治癒力や免疫作用なども関わっているでしょう。東洋医学は、内科疾患はじめ、広範囲な疾病にも効果が期待できます。

   
  
                                          
<医療は受けている>
投薬は真面目に服用しているし、他の理学療法も根気に続けている。しかし、痛みの症状はなかなか好転しない。つらさもつづき改善が見られない。どうして治らないのか心に不安がよぎる。         
 このように、つらさや痛みが続いて困っている時に、思い切ってハリ、灸治療を試みられたらどうでしょうか。現代医療に、ハリ、灸治療との併用は、痛みは改善され鎮痛効果も思った以上に期待できます。同時に、心の不安真理も和らぎ気分はとても楽になります。しかも、副作用はなく安心して治療は受けられます。

経絡治療の妙とは>日常的に経験する肩こりを例に上げてみましょう。肩こりは病気ではなく筋肉の硬結の症状です。しかし、つらくて苦痛を伴います。また、疾病や症候にともなっても起こります。
 このような肩のコリ(硬結)がつらい時に、肩の治療でなくて経絡上(気血のながれ)の経穴(ツボ)の変化や反応をとらえて、そのツボを治療すれば肩こりはとても楽になります。鍼灸治療のすばらしさは、現代医療に欠けがちな補完医療が駆使できる大きな利点が有ります。又、病気にかかりにくい体質を担保できることにも大きな可能性がありますし、永い人生の健康維持にも鍼灸はとても理に叶った養生法の一つとも言えます。

    
                                  
<鍼灸治療の適応症は業後3年間(週1回3時間)は私の師事していた医師の口添えもあり、外科、整形外科で、ハリ治療の協力をしました。医師からの依頼は、ムチウチ症(頚部捻挫)、交通事故の後遺症など、症状の改善が好ましくない疾患が大半でした。また、激痛で困っている腰痛(俗称でギックリ腰には医師もよく効くと評価する)や、椎間板障害に起因する下肢痛、又はシビレ感などにもハリ臨床はおおむね良好でした。
 他に、投薬や局所注射の効果が芳しくない症例にもハリ療法を臨床応用しました。くしくも治療を繰り返し持続した症例では、約6割〜7割程の患者さんには、痛み症状の改善や、レベル以上の鎮痛が見られ、医師の批評と評価もおおむね好ましい結果が出ました.


同じ頃、産婦人科の医師から
妊娠初期の悪阻(つわり)や、妊婦さんの腰痛を訴える症例に、ハリ治療の試みの依頼を受けて臨床を重ねました。治療後の患者さんの経過も良く、医師の理解と患者さんの希望も加わり、月に2回ほど一年間協力しました。

他に内科の医師から
メニエール氏症候群(めまいや耳鳴りが主症状や、原因不明の痛み症状に投薬及び局所注射等をかさねるが、鎮痛効果がおもわしくない症例や疾患にハリ治療の協力をしました。
 
ハリ治療は患者さんの反応もよく、医師の見解もかなり好意的でした。とくに、原因がハッキリしない心因性の痛みと考えられる症例には著効するケースも多々あり、現代医療とハリ療法との併用はとても意義深いものでしたこのように医療施設内でハリ臨床に関わった経験から、ハリ治療の効果は理解ある医師の間では一定の評価は得られたと思います。
 近い将来に、
鍼灸療法は統合医療の一分野として確立されて、その治療の応用と普及には大きな期待がよせられます。
.
近年医療機関で鍼灸外来が開設された報道が眼にとまります
東大病院内鍼灸外来をはじめ、多くの医療機関(最近の報告では、60ケ所以上の医療施設)で鍼灸療法の臨床が行われています

 近くでは
三重大学付属病院鍼灸外来が2010年7月に開設されました。これらは灸のメカニズムの生理医学的評価や、鍼灸の臨床効果の客観的実証が認められた結果です。また、社会のニーズに呼応した統合医療の一科目としての役割も大いに期待されることでしょう。

参考よく使われる注射針の太さは21〜27ゲージ(0.7o〜1.0o)ハリ治療に用いるハリの太さは0.12o〜0.16oです。とても細くて、鍼先は高度なコーティングが精巧にされ、痛みが起こりにくい製造になっています。







   
       

   

   
          
   

   

               
   

 


  
 
  


            

   

 

    

 

                     


                         
     

  
                                                                                                                          

 
 
     <公益社団法人>     全日本鍼灸学会認定鍼灸師・・・蟹江 

<診療のご案内> 

  
<受付時間>  午前9時〜11時30分まで・・・ 午後5時〜6時30分まで

                 
                                       
  
<休診日> 火曜日の午後・土曜日の午後・・・木曜日・日曜日・祝祭日

 

   
                             
<治療費の内訳>      初診料・・1,000円 鍼灸治療費・・3,500円

                      
小児・学生(高校まで)は1,500円〜2,500円

                        
                                     
<住所>     〒476-0002  愛知県東海市名和町南之山11-3番地
                 
電話・FAX
(052)604−2288
    E:mail;kanie_clin@yahoo.co.jp・ ホームページ http//hariclinic.jp/

                     

<アクセス・自動車での目標は>
 1)東海市上野中学校(正門から東へ30m)  2)知多信用金庫上野支店(南側にあります)  3)NTT上野営業所(北側にあります)
*駐車場は2台分あります

<名鉄電車を利用される場合>
  常滑線、河和線ともに聚楽園駅下車(準急停車)。駅から徒歩15分程です。駅前から東へ、聚楽園公園の南側にそって歩かれると、しあわせ村があります。そこを経て500bほど歩くと上野中学校正門です。そこより東へ30mです。


<タクシを利用の場合>
 聚楽園駅で名鉄タクシー(052)603-2725に電話すれば10分程で来ます。聚楽園駅に公衆電話はありますなお、電車の到着時刻がわかれば、事前に名鉄タクシーに電話すれば、駅前の公園内タクシーのりばに待機してくれます。名鉄タクシーはとても親切に対応してくれます。


<大分市に鍼灸の真の名人>

 
首藤傳明先生です。先生は外国講演を15回以上(米国、ハワイ、ドイツなどで講演及び研修指導)もこなされ、鍼灸名著も何冊か執筆されました名実共に現代鍼灸を代表する先生のひとりです。その深い見識と温かい人柄に触れてみて下さい。
            
 首藤鍼灸院(097)527−5518


<医師との連携
疾患、病状の状態や経過によっては、専門医(米国で研修、研鑽された医師 )をご紹介致します。
 
また、種々の鎮痛治療(医療施設も含む)を試みたが、痛みの改善が見られない場合には、痛みの専門医(ペインクリニック専門医)もご紹介致します

 
                      
<当鍼灸室が掲された書名

イ)いまおすすめの鍼灸名人・全国35名を紹介・家庭画報・2005年2月号

全国漢方名医250選・1985年・ 医科学情報センター編・同成社出版

)ハリ、灸で老人ボケを改善・名手紹介100人・1989年医科学情報セン


<心身相談>
 痛みでお困りの場合や、身体に関する悩みごとで苦しんでいる場合には、一度電話(午後1:00〜午後4; 30の間)でもして下さい。メールでご相談されてもよろしいです。思い切りは快復の糸口につながりましょう

<ひとりで悩まれないことです、辛抱するは心も痛みます>

<
悩みつづけることは、心も気力も弱り萎えてしまいます>
 
迷うより思い切って一歩をすすめてはいかがでしょうか。あとで良かったと得心されると思います